クライミング・ボルダリングとは? of 20111210save_フィッツクライミングジム 東京都町田市 小田急線鶴川駅10分 

クライミングとは→自分の力で壁をよじ登るスポーツ。

IMG_3695.JPG誰でも子供のころに木登りの経験があると思います。小さいころ体験した達成感、爽快感、充実感、スリルをクライミングでは感じ、楽しむことができます。


クライミングは昔と違い今では誰でも始めることのできるスポーツです。

最近ではクライミングジムも増え、自然の岩や岩壁を登りにいかずに、クライミングジムなどの人口壁を手軽に登ることができます。
以前は、自然の岩を登るためのトレーニングとして、人口壁を登っていましたが、今ではトレーニングではなく、年齢、性別を問わず誰でも簡単に始めることのできるスポーツです。クライミングは全身運動のため、筋力はもちろん、バランス、柔軟性が自然に身につきます。また女性のフィットネスや子供の発育運動に最適!
IMG_3981.JPG人口壁でワールドカップなどの大きな大会も行われ、日本人選手の活躍により、日本でも人口壁のクライミングがさらに一般的になってきています。


もちろん自然の岩や岩壁もおすすめ、ジムで登って楽しかったら、自然の岩も絶対に楽しいはず。

力のない女性、子供、でも大丈夫

「登るには筋力と運動神経が必要」「筋力、力のない方、子供は無理」と思っていませんか?

IMG_3689.JPG筋力、握力のない方でも大丈夫!腕の筋肉がたくさん必要なイメージがあると思いますが、ボルダリングは腕の筋力で登るのではなく、全身ををうまく使い、手より力の強い足も使って登ります。もちろん腕の筋肉も必要ですが、懸垂が1回も出来なくても登ることが出来ます。筋力があればいい訳ではありません。登り方にはコツがあるんです。


クライミングにはさまざまな種類があります。
代表的なものが下の3つ。(自然の岩、人口壁、共に呼び方は同じです)

ボルダリング

「巨石」の事を英語で「ボルダー(boulder)」と言い、そこから巨石を登る行為「ボルダリング(bouldering)」となりました。

IMG_3895.JPGボルダリングとはロープを使わずに低い岩や岩壁を登る今人気のクライミングです。ボルダリングではロープ使わない代わりに厚い着地マットを敷きます。ジムではマットが敷き詰められているのですが、自然の岩場では主に背負える折りたたみのマットを使用します。ロープを使うクライミングと違い、一人でもはじめる事ができます。また、ロープの扱い方などを覚える必要がないので手軽に、誰でも始めることができます。体勢によってはスポッター(着地を補助する人)が下に付き着地を補助します。


fit's climbing gymではボルダリングを楽しむことができます。

リードクライミング

2008_IFSC_PA_IMST 110.jpgクライマー(登る人)と、ビレイヤー (ロープを操作して、落下時に確保する人)の二人一組で行うクライミングです。大きな岩や岩壁、人口壁を登りながらロープを支点(カラビナ)に掛けながら登っていきます。ロープを使うクライミングでは代表的な登り方です。




トップロープクライミング

2008_IFSC_PA_IMST 111.jpgリードと同じように二人一組で行うクライミングですが、リードと違い、ロープがはじめから上に掛かった状態で登り始めます。ロープを掛ける動作がないので、登ることに集中できます。リードがまだ難しい方、初心者におすすめです。




上の代表的な3つ以外にも、アルパインクライミング、アイスクライミング、沢登り、フリーソロなどさまざまなジャンルがあります。

はじめるのに必要なものは?

動きやすい服と靴下のみ!!
fits climbing gumでは「クライミングシューズ」「チョーク(滑り止め)」を初回無料でレンタルいたします。必要な物はジムで貸し出しをしているので動きやすい服装のみではじめる事ができます。



クライミングシューズは小さいところに乗ったり、力が入るように、普段はいているサイズよりかなり小さいものを履きます。初回はレンタルシューズの選び方からレクチャーいたします。


※クライミングシューズ、チョークには数に限りがございます。ご了承ください。